忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/08 23:55 】 |
松山大学生の報告会
先月松山大学経済学部鈴木ゼミの学生さんから、
内子Iターン者の調査を受けました。


460.jpg 昨夜、その報告会で
 内子自治センターへ。
 何度来ても素晴らしい建物です。

 テーマは
 「 小規模・高齢化集落の 
              現状と課題 」
 「 内子町におけるIターンの実態 」



Iターン調査自体はは30名に行われたみたいですが、
移住者の増加に驚きです。

僕が来た5年前は、内子に住む
ほとんどの移住者を知っていましたが、
今では新しい人のことはさっぱりです。

震災で避難してきた人もいるらしいです。

もうとても、移住者というひとくくりでは捉えられないぐらい、
いろんなタイプの人がいるのでしょう。

学生さんに言うのは酷ですが、
調査自体は時間の関係もあるのでしょうが、
さらっとうわべだけの、数字の集計みたいなものでした。

俗に言う 「 限界集落 」 の解決は、
移住促進では無理のような気がします。

何人増えた、という数字の奥に、
それぞれの移住者の考え方、
ライフスタイルがあるわけですから、
町や地域の人が期待するような動きをするとは限りません。

また来る方も、
地域活性化のために来るわけではないでしょうし。


実際、移住者が5~10人ぐらいの時は
それほど目立たなかったのが、
これだけ増えてまとまってくると、個別にいろんな動きがあり、
ここでは書けない問題も発生してるみたいですし。

新しい局面が始まっているのでしょうか・・・








PR
【2012/03/06 19:29 】 | 暮らし | 有り難いご意見(0)
<<松山大学生の報告会2 | ホーム | 塩麹を使った料理教室>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>