忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/09 00:20 】 |
百姓と自給自足 4
宮崎アニメが好きです。


「 ホルスの大冒険 」 の頃には、宮崎 駿 と言う名前は
意識してなかったように思う。

NHK初のアニメ 「 未来少年 コナン 」 を見て、
しっかりはまり、「 カリオストロ 」 でぶっ飛んだ。

僕が ナウシカ、ナウシカと騒いでたときはまだ、
世間では宮崎 駿 なんて誰も知らなかったような気がする。


で、今回のテーマ。


宮崎アニメのテーマというと、
環境問題だと思ってる人が多いのかもしれないけれど、
けっしてそうではないと思います。

インタビューで自分自身はニヒリストだと言っていたが、
それを読んで最近やっと解ってきました。

彼は声を大きくして、環境を守れとか、大切にとか言ってないですよね。

「 もののけ姫 」 では、
結局サンとアシタカは結ばれず、「 人間は嫌いだ 」 と言わせ、

アシタカはたたらばで、エボシと共に木を切って生きてゆくのでしょうし、

シシガミの森は戻らず、いのししはどんどん小さくなって、
ただの肉になってしまうのでしょう。

エミシの一族は滅び、そのまま現代に繋がってゆく。

問題は何も解決しないし、だからこうしろとも言っていない。



「 ナウシカ 」 では、
腐海が人間の汚した土を浄化してるのだと解ったところで、
ナウシカにどうすることもできないし、
風の谷も、人類も滅んでゆくしかないでしょう。

マンガ版では、せめて滅亡後に遺伝子だけでも残そうとした設備を
ぶっこわしてしまいましたしね。

楽天的だった、以前の小松左京なら、
「 人類はそれほど愚かではない 」 なんていうのでしょうか、
どんなもんでしょうか。


人は結局こうして生きてきたし、
これからもこうして生きてゆくのでしょうか。

そろそろ終わりにしたいのですが、もうしばらく続きそうです・・・



PR
【2010/10/03 22:54 】 | 暮らし | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<農繁期 | ホーム | 百姓と自給自足 3>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>