忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/08 23:46 】 |
未来を返せ
なぜこんなことを書き出したかというと、
久々に福井晴敏の本などを読んだからです。


29494a97.jpeg

 こんなときだけど、
 そろそろ未来の話をしようか

 福井晴敏
   「 震 災 後 」


小説形式の、震災当日からのある一家のお話です。

作者と同年代の僕に、印象に残ったのが、
未来のイメージでした。

確かに僕らの小学生のころは、
21世紀には高層ビルが建ち並び、
その間のチューブの中を車が浮いて走っている。

今から思えば、たわいも無いものですが、
そうなるものだと無邪気に思ってました。

本当なら2001年には月でモノリスが発見され、
木星に向けてディスカバリーが発進、
人口知能のHAL9000が
 「 ボーマン船長・・・ 」 なんて言っているはず。

2003年4月7日に鉄腕アトムが生まれ、
宇宙にはスペースコロニーが浮かんで、
ジオン公国が独立を宣言していなければならなかった。

しかし現在2012年、これが今です。

あれから40年、
発展の象徴だった工場の煙突は光化学スモッグとなり、
ゴジラは公害怪獣と戦い、オイルショック、
バブルがはじけ、阪神大震災、地下鉄テロ、9・11・・・・・・・


でも、理想の時代なんて永遠に来ることはないし、
間違いながら、苦しみながら、
なんとかここまで乗り切ってきたのです。

良かれと思ってやったことが裏目にでることも、
対処したはずがさらに次の問題を発生させることもあったし、
それはこれからも同じでしょう。

少しづつですが、確実に良くはなってきている。
そう思いたいですよね。

その歴史の積み重ねのうえにしか、
未来はこないのでしょう。


物語の中で
「 原発を止めたって、
   どうせろくな世の中にはならないんだ。
   俺達の未来を返せ!」
息子が、親父に向かって言います。

子供達には、
完全な世の中を引き渡すことができなくても、
負の遺産だけではなく、
せめてたわいもないものでもいいから、
未来を残してあげたいものです・・・






 
PR
【2012/04/11 19:37 】 | 趣味 | 有り難いご意見(0)
<<怒涛の日々 スタート | ホーム | 俺たちに明日はない>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>